3次元CAMシステム FFCAM

オプションソフトウェア

Rhinoceros®

自由曲面を活かしたデザイン性の高い3次元モデルデータを作成できる、3次元CADソフトウェア。
FFCAMに組み合わせると、加飾で使用するデータ作成からパス出しまでの一連の作業がスムーズになります。
基本機能

FFCAMとの優れた互換性

(1) ドラフト角度を表示

3Dモデルの指定した範囲の傾斜角度を色別で表示します。

図はアンダー部から、1度のテーパまでを赤色で表示しています。

(2) 曲率を表示

3Dモデルの指定した範囲の半径値を色別で表示します。

図はR2.0以下の箇所を黄色で表示しています。

(3) 曲率を基に工具選定した加工

(1),(2)で解析した結果を考慮し、FFCAMで加工データを作成します。

図はRhinocerosで判別した、最小R1.6の隅部の加工パスを表示しています。

サーフェスの修正

インポートしたCADデータを修正します。

読み込み時、いくつかの曲面がトリム解除されてしまっても、簡単に、トリムし直すことができます。

サーフェスの追加

インポートしたCADデータの欠落した曲面を補修できます。

いくつかの曲面が欠落してしまっても、パッチ機能により、隣接する曲面を作成できます。

3D寸法線

3Dモデルに3D寸法線を設定します。

自由曲面作成

交差する曲線のネットワークからサーフェスを作成できます。

周囲に面があれば、接続性を制御できます。

ソリットモデリング(押し出し)

2D輪郭からソリッドモデルを作成します。

フィレット

複数のフィレットが交わる角を自動処理できます。

STL関連機能

サーフェスモデルからポリゴン作成

曲面を使ったモデルよりポリゴンモデルに変換できます。

写真の濃淡でポリゴン作成

写真などの画像データから立体形状を作成できます。

図はバラの写真より3Dポリゴンモデルを作成しました。

3次元モデリングから加工データ作成まで

Rhinocerosで作成した設計モデルや意匠モデルをFFCAMへ。
STLデータとパラソリッドデータを混在させて、パス計算できます。


加工機 iQ300
被削材 CENA1
サイズ 100×155×50 [mm]
仕上げ工具 R0.5 ボールエンドミル
総演算時間 35:16 [m:s]
総加工時間 13:44:45 [h:m:s]

PAGE TOP