3次元CAMシステム FFCAM

製品概要

FFCAM2018 新機能

  • FFCAM 2018より、STLモデル加工機能を標準搭載いたしました。
  • 新オプション「3次元CADソフトウェア Rhinoceros®」の提供を開始します。
  • 機械動作シミュレータ(オプション)のUI を刷新し、見やすさや操作性を大幅に向上いたしました。
  • ヘアライン仕上げ(オプション)が同時5 軸加工に対応。急斜面部でも平面部と同等のヘアライン模様を再現します。
加工系機能 操作・画面 オプション

加工系機能

レンズバレル工具に対応

レンズ工具とバレル工具を融合した新世代工具にいち早く対応。
曲面の加工において、同じ工具直径のボールエンドミルよりもステップを大きくとることができ、加工時間の短縮が望めます。


モデル頂点自動認識機能

加工形状の頂点を自動で認識し、そのZレベルに等高線荒加工の工具軌跡を付加します。
頂点の削り残しを少なくし、ホルダ干渉の発生を防ぎます。
「等高線荒加工」、「等高線中仕上げ加工」、「等高線仕上げ加工」で使用できます。

通常の等高線加工

[モデル頂点自動認識]機能を使用した等高線加工

緑線:[モデル頂点自動認識]機能で付加された工具軌跡

テーパーネックの多段対応

工具のシャンクを最大5段まで設定できるようにしました。
実際の工具に近い工具形状を登録できるため、シャンク部分の干渉チェックをより正確に行えます。


シャンク1段(従来)
シャンク2段
シャンク5段

2ピースホルダへの対応

ホルダ登録時に、ホルダ本体とコレットを別々に登録、組み合わせて使用できるようにしました。

操作・画面

曲線作成角度線作成機能の追加

任意の直線から一定の角度を持った直線を作成できます。

曲線作成編集機能の追加

曲線を「分割/トリム/延長/フィレット」できるようにしました。
今までCADで作成していた曲線を、CADに戻ることなく、作成することができます。

曲線の分割

既存の曲線を、別の曲線を境界にして分割します。

曲線のトリム

既存の曲線を、別の曲線を境界にして切り取ります。

曲線の延長

既存の曲線を、境界となる曲線まで延長します。

曲線のフィレット

2つの曲線の交差部分に、指定された半径のフィレットを作成します。



曲線作成ガイド表示機能の追加

曲線を作成しやすくするための機能が追加されました。

  • グリッド表示/グリッドフィット
  • 拘束を表示
  • 距離を表示
  • 長さを表示

ユーザデータベース機能の改善

  • 従来のファイル選択のほか、ドロップダウンリストより選択できるようになりました。
    従来より少ない手順で、複数のユーザデータベースを切り替えることができます。
  • 設定ブラウザの表示/非表示をアイコンで切り替えられるようにしました。
  • ユーザデータベースに登録されている加工に、加工の説明文と画像を登録できるようにしました。
    ユーザデータベース内の加工内容を簡単に把握できます。
  • ユーザデータベース内の工程と加工の構成を見直し、見やすく・使いやすい配置に変更しました。

CSG用データ出力機能の機能拡張

Professional 6 (Pro6) に対応いたしました。

Professional 6 : 機械性能を最大限に引き出せるように設計された、高度な制御装置。

オプション

ヘアライン加工機能同時5軸に対応

工具軸方向に対して振幅を行うことにより、急斜面部でも平面部と同等のヘアライン模様を再現します。
最適な方向から加工できるため、面品位の向上、工具の突き出し長さ短縮を実現します。

* オプション 同時4軸・5軸加工機能が必要です。

機械動作シミュレータUIを一新

シミュレーション機能や段取り機能を大幅に改善。
見やすさや操作性が向上し、使いやすくなりました。

PAGE TOP