3次元CAMシステム FFCAM

製品概要

FFCAM2020 新機能

加工系機能 操作・画面 オプション機能

加工系機能

マクロによる加工パラメータ設定の自動化

任意の条件に応じたパラメータ値を、マクロで自動入力

状況によって値が変わるパラメータに対し、マクロで自動的に値の変更を行います。
例;加工機が「iQ300」ならモデル精度を「-40」、「iQ300以外」ならモデル精度を「-20」に設定。
この機能を使用すると、値の再入力の手間が省け、関連するパラメータの設定もれを防ぐことができます。

傾斜角度による工具軌跡出力抑制機能を追加

コーナ部の傾斜角度によって工具軌跡の出力範囲を指定する機能を追加しました。
CR部加工モードが等高なら最小傾斜角度を、領域沿いかペンシルなら最大傾斜角度をそれぞれ設定できます。

対応加工モード:CR部加工の[等高]、[領域沿い]、[ペンシル]モード

突き出し長、首下長をマウス操作で設定する機能を追加

グラフィックウィンドウ上に描画された工具モデルの長さを、視覚的にマウスで調整し、設定できます。
数値入力でのトライ&エラーがなくなるため、工具長の決定が素早くできます。

工具と形状の簡易干渉チェック機能を追加

工具描画を行ったときに、工具と形状とが干渉していたら、工具を赤色で描画します。
工具と形状の干渉が一目でわかるため、干渉の見落としを防げるようになります。

工具接点描画機能を追加

指定箇所に工具が接するように描画をする機能を追加しました。
工具を表示する際、フェース上の座標で指定すると、その位置を工具先端中心にするか、工具が接するようにするか、選択できます。
本機能を使用すると、工具やホルダの干渉確認をより正確に行うことができます。

複数輪郭ワイヤの一括登録機能を追加

複数の輪郭ワイヤを一度に選択できます。
ワイヤの本数が多い場合に、選択する手数や時間の短縮が図れます。

形状の円柱領域を計測する機能を追加

円柱領域で形状の大きさを確認できます。
効率的に必要な数値を得られるようになりました。

等高線加工の工具軌跡計算速度を改善

「等高コーナR付け」、「輪郭切込みの領域外切込み」を設定したときの工具軌跡計算の高速化を図りました。

操作・画面

メインプログラム作成機能を追加

[リポスト・インフォメーション]画面で、形式的なメインプログラムを簡単に作成できる機能を追加。
専用POSTを使ったメインプログラムを作成できます。
※メインプログラム用のPOSTをお持ちのお客様限定
の機能です

複数加工のアンダーカット部表示機能を追加

表示中のモデルに対して、選んだ複数の工程や加工で設定している加工方向でもアンダーカットになるフェースを赤色表示します。
複数の加工に対し、まとめてアンダーカット部の確認ができるため、加工できない箇所を容易に発見できます。

作業ウィンドウから作業ウィンドウへの工程・加工データのコピー機能を改善

コピー先ウィンドウの[加工データ設定]が空の状態でも、工程・加工データのコピーができます。

加工データ設定画面に設定値の複数コピー機能を追加

一加工ずつ行っていた設定値のコピーを、同時に複数の加工データへ設定値をコピーすることができます。


オプション機能

機械動作シミュレータ「切削ワーク削り残し量色分け機能」を追加

シミュレーション後の削り残し量を色分け表示することで、削り残しや食い込みの確認が容易になります。

PAGE TOP